IT営業奮闘記

13
2月

WEBアプリ開発奮闘記1

IT営業奮闘記-“WEB受注システム”-

今日は、弊社が昨年開発し提供してたWEB受注システムの機能追加の打ち合わせがあった。
受注システムの売り上げ情報を経理部門が欲しい形式にて提供して欲しいという依頼です。
現在は、営業部門の担当者が毎月売り上げのデータをEXCELで作成し、経理部に提示、経理部門ではさらに加工し、CSV形式にて経理システムに取り込んでいる様なのです。

従い、弊社のシステムから直接経理部門が欲しがるCSV形式を出力ができれば、かなり手間が省けると言うことになります。一通り欲しいデータの説明をいただいたのですが、簿記の知識が全くないため、私は半分も理解できませんでした。弊社のエンジニアがどの程度理解できたいたかは不明ですが、せっかくの機会なので明日は簿記の基本の勉強をして見て、自分なりに少しでも理解したいと思います。
ソフト開発の現場は、プログラムのことばかりでなく、今回のような経理の仕事の中身を理解することや会計の基礎など専門的知識も合わせて習得していくことが必要だと実感しました。